飲食店にPOSは欠かせません!管理システムで安心の毎日

どのような流れなのか

工場

大阪で貸工場を利用したいというのなら、人脈を活用しましょう。要らなくなった工場を安く提供してくれる会社が見つかる可能性があります。また、支援をしてくれる会社を見つけることもポイントです。貸工場探しも手伝ってくれることがあります。

開業の支援

スーツのレディ

海外に進出する企業が増加しています。インドネシアは最近注目されている企業の一つです。コンサルティングを上手に活用することで成功に導くことができるのです。コストはかかりますが、風土や環境を超えてサポートしてくれます。

飲食業に最適の管理手法

レジ

もう手書きの伝票は不要

通常、飲食店では発注管理を手書きの伝票によって行います。伝票は客から注文を受け付けた段階で起票されます。そして厨房への注文内容の伝達や、会計時の料金精算にも使われます。このシステムはそれなりに合理的ですが、1枚の伝票をいちいちバックヤードからレジへと回付しなければならないのが面倒です。また、注文の訂正や取り消しなどがあった場合にも混乱が生じるおそれがあります。こうした課題を解決するのが、POSと呼ばれる管理システムです。POSは厨房とレジにそれぞれ端末を設置し、フロア担当が携帯端末に入力した注文情報を即時に受信できるというシステムです。伝票の起票や回付が不要になるとともに、注文の伝達漏れや誤伝達を防ぎます。

売上動向の把握にも活用

POSはもともとコンビニやスーパーなどで商品の会計を行う都度バーコード等で販売情報を自動収録し、売上管理に利用するシステムでした。しかし飲食店の場合はさらに一歩進んで、発注管理にも応用できるようになっているため、業務全般を効率化できるとして人気を呼んでいます。もちろん、POSは飲食店においても本来の売上管理システムとして使うことができます。フロア担当が入力した情報はすべて自動的に蓄積されるため、営業終了後はその日の売上高をすぐに集計し、手許現金と突合することができます。さらにデータを精査することにより、その飲食店における売れ筋のメニュー、季節ごとや曜日ごとの売上の変化などを知ることも可能です。新メニューの開発や食材の仕入量の決定などを行う際の参考資料とすることができます。

プロの支援で競合に勝つ

ライト

大阪における歯科の開業は増え続けています。その競合に勝つ為には独立や経営支援のプロに頼るのが得策です。その際は大阪や地域をよく知る支援者に頼りたいものです。よく知ることでよりニーズを的確に把握できるようになります。